佐賀観光サイト。さがしまSHOW!玄界灘に浮かぶ七つの島、小川島、馬渡島、向島、松島、加唐島、神集島、高島をご紹介!

さがしまSHOW
このサイトについて サイトマップ プライバシーポリシー
免責事項 お問い合せ 運営会社紹介
小川島馬渡島向島松島加唐島神集島高島
全て祭り イベントグルメ釣り歴史自然その他

加唐島|島の紹介




加唐島のオススメランキング

情報を投稿する
キャラクターのかわいい壁紙をGet!!





島の紹介

加唐島(かからしま)は、呼子から定期船に乗って17分。南北約3.2km。東西1.5km。周囲約12kmの細長い島です。
いわゆる海をまたいだ佐賀県の最北端の島なのです。島の最北端椿公園北の高台から望む玄界灘には、晴れた日にはすぐそこに壱岐、遠くに対馬、朝鮮半島を望むことができます。
公園の足元の崖下には細長く突き出た瀬がありエヌヲノ鼻と呼ばれています。カリオ岬の灯台の周辺にはユウスゲが群生しており、季節で言えば7月ごろに可憐な花が咲き誇ります。





加唐島といえば武寧王というほど、すっかり有名になりました。
でも、知らない人のために少し紹介。武寧王は、朝鮮半島の古代国家「百済」の第25代の王さまで、立派な政治を行ったことで知られています。
最近の研究で、その百済の王さまは、なんとこのオビヤ浦で生まれたことが分かりました。



港から加唐島小・中学校のプール脇の参道を登っていくと八坂神社の社に入ります。社殿の奥が二段になっていて奥の院に神様が座しています。


Copyright(C) All right reserved

HOME このサイトについて プライバシーポリシー 免責事項 サイトマップ お問い合せ 運営会社紹介 便利帳 
7島共通お役立ち情報 釣り情報 特産品紹介 島へのアクセス 宿泊施設紹介